ナレッジボックス

Pocket


[製品たまご]小銭不要のお菓子販売機「オフィス・クロノス」を構築してみた!

 

クロノスでは、iPhoneアプリやWebサービスといった製品開発に取り組んでいます。日々の製品開発の取り組みの中で、多くのアイデアが生まれています。シリーズ[製品たまご]では、製品化まであと一歩、そんなちょっとした面白アイデアをご紹介します。

製品たまごの記念すべき第1回は、製品開発チームのリーダー的存在、谷村(仮称)が取り組んだ小銭不要のお菓子販売機「オフィス・クロノス」をご紹介します!

問題:財布に30円しかない

▼谷村は語る

突然だがネットの前のみなさんはSquareリーダーをご存知だろうか。SquareリーダーはiPhone、iPad、Android端末につないで使うクレジットカードリーダーだ。早い話がSquareリーダーを使うとスマホでクレジット決済ができるというわけだ。

squarerimage

 

今日はSquareリーダーを使った小銭不要のお菓子販売機オフィス・クロノスの話をしようと思う。

ことの始まりはこんなかんじだったんだ。

 

▼ある日の会議にて

その日の製品開発会議は白熱していた。
議題はたしか、弊社のiPadアプリ「かおわらい」が市場に上手くリーチできていないとかだった気がする。

かおわらい:無料の子供向けおもしろ顔作成アプリです。

 

会議は紛糾し、予定の1時間を超過して延長戦に突入することになった。

ここで10分の休憩。時計は17時を過ぎている。

小腹が空いたな、オフィスグリコでお菓子でも買おうとおれは席を立った。

 

▼オフィスグリコの前にて

「堅あげポテトでも買うかな」おれは財布から小銭を取り出そうとした。そのとき事件は起きた。

 

財布に30円しかないのである。

 

一度話を整理しよう。30円しかない、というのは正確ではない。正しくは1万円札はあるのだ。しかし、オフィスグリコのインタフェースは1万円札に対応していないのは明らかだ。

officeg

 

このとき、おれの製品開発魂に火がついた。

 

▼会議は再開する

間もなく会議は再開した。室長がモニターを操作している中、開口一番、私は提案した。

「みんな聞いてくれ!小銭がなくてもオフィスグリコで買い物できないかな?」

 

あっけに取られた参加者達。静寂が会議室を包む。

 

「意味がわからないしぃ、カエルかわいいけどむりむりー!image517DB担当hiromiが静寂を破る。

 

ざわざわ。

 

「・・・かおわらい、の会議中ですよ」室長がつぶやく。

「すみません、でもどうしてもオフィスグリコで買い物をしたいんです!小銭がないんです!」

「・・・よろしい、これを使いたまえ」室長は胸ポケットからSquareリーダーを取り出した。

解決:クレジットカードでお買い物

▼Squareリーダー

SquareリーダーはiPhone、iPad、Android端末につないで使うクレジットカードリーダーだ。(詳しくはGigazineさんの記事を参考にしてほしい)

squarerimage

 

「Squareリーダー・・・これなら、これならいけるかもしれない!」

おれの脳内で右脳と左脳が激しく共鳴した。
オフィスグリコのような「置き型お菓子サービス」に「Squareリーダー」を組み合わせれば、小銭による買い物の煩わしさを解消できる。そして、以下のような効果が得られのではないか。
小銭を準備しないでお菓子が買えるのでお菓子がたくさん売れるはず!
そして社員の満足度もUPするはずだ!

実験開始!

▼オフィス・クロノス開店準備

翌日、アイデアが固まったので早速、実験してみることにした。作業は次の3ステップだ。

 

1. Squareリーダーを入手する

カード決済を行うためには、iPhoneやAndroid端末に接続する「Squareリーダー」を入手しなければならない。驚くなかれ、Squareリーダーはローソンで販売されているのである。コンビニでクレジット決済システムが買える、なんだか夢のような話だ。

 

2. アカウントを作成する

続いて、Squareサイトでアカウントを登録する(https://squareup.com/jp)。メールアドレスにパスワード、口座番号の入力が必要だ。
(アカウント登録後に、Squareが口座の利用確認を行う。そのために数日待つことになる)

 

3. 商品(と商品マスタ)を準備する

あとは商品を準備すれば完了だ。独自のルートで仕入れておいたお菓子に対して、商品の仕入れ値にカード決済手数料(2013年9月現在:3.25%)を上乗せするかたちで商品マスタの登録を行った。(今回はあくまで実験目的なので、利益が発生しないように設定した)

 

▼オフィス・クロノス開店!

準備は整った。心も整えた。まずはオフィス・クロノスを見てほしい。

officekronos

 

どうだろう。アカウントの登録確認に数日かかったが、実働3時間程度でここまでできた。写真右下のiPhoneに注目してほしい。オフィス・クロノスのお菓子類を購入する場合は、クレジットカードで決済することができるのだ。

準備ができたので、これから5日間の売上を確認することにした。

検証!

▼売上は伸びたか

開店から5日。お菓子のほとんどは完売した。予想していたとおり、売上は上々の結果を納めた。Squareサイト上で売上レポートも確認できる。

sale

 

▼社員満足度は高まったか

つづいて、社員満足度はどうか。社員へのアンケートから以下の回答が得られた。

「小銭を準備しないでいいのは良いね。カード決済が新鮮で面白い!」
「レシートがSMSで届くのはカッコいいね」
「お菓子買うだけでサインするのが面倒かな」
「好きなお菓子をリクエストしたいなー」
「お財布携帯は使えないの?」
「間違えて商品マスタを編集しそうになりました!」

また、社内メンバーの88%が利用したこともわかった。

フィードバック

まず、実験してみて気づいたことは3つある。

1. 売上動向を即座に確認できる
商品の売上データは、Squareのサイト上で確認できる。今回は検証していないが「スタッフを代理とした決済」機能も用意されている。この機能を使えば代理人のSquareリーダーからの売上情報も管理できるようになる。もし、実際の置き型お菓子販売業者が同様の仕組みを導入すれば、より効率よくお菓子を配布できる!のではないだろうか。

 

2. あくまでレジ。自動販売機のようには設置できない。
実際に試すまで気づかなかったのだが、Squareリーダーはレジのような位置づけの製品であった。つまりレジを操作する店側の人間のためのものだ。そのため、iPhone端末上で商品マスタを編集できるようになっている。今回実験したソリューションは自動販売機に近いものであった。そのため、利用者に対して商品マスタを編集しないよう周知しておく必要があった。
とはいえ、自動販売機型のソリューションに面白みがあった点は強調しておきたい。

 

3. クレジットカードよりお財布携帯の方がいい?
これも実際に購入を経験してみてはっきり感じたことだが、小額の決済(100円程度)にクレジットカードを使うのは仰々しい感があった。社員の声にあったお財布携帯のようなインタフェースで検証してみるのも面白そうだ。

 

インスピレーション:自動販売機型ガジェット!

今回の実験を通じて、小銭不要のお菓子販売機は面白いと感じることができた。一方で、Squareリーダーは自動販売機のように設置できない、また、お菓子の購入にクレジットカードの利用は仰々しいというフィードバックが得られた。これらの問題を解消するために、以下のような仕組みを提供すればどうだろうか。

・レジ端末に自動販売モードを追加する

・在庫管理システムと連携する

・クレジットカードだけでなく携帯電話や暗証番号で購入できる

 

次なる製品企画の輪郭が見えてきた。コンセプトは「自動販売機型ガジェット」といったところか。

 

明日の製品開発会議も長くなりそうだ。

 


Pocket

お問合せ

開発に関するご相談/各種お問合せは下記まで。

TEL.06-4806-3470 月曜~金曜(祝日を除く)10:00~18:00
contact-dev@kronos-jp.net

技術情報

  • ナレッジボックス
グリーンハンド
STA-LOG
クロノスラボ
採用

株式会社クロノス > 技術情報 > ナレッジボックス > 08.特別企画 > [製品たまご]小銭不要のお菓子販売機「オフィス・クロノス」を構築してみた!