ナレッジボックス

Pocket


Seleniumを利用したWebアプリケーションテストの自動化

プラットフォーム: Webアプリケーション全般

Selenium2とは、Webアプリケーションのテストを自動化するツールです。Selenium2はコマンドやAPIを使って、Webアプリケーションの動作確認テストをプログラム化できます。2011年にSelenium1とGoogle社のWebアプリケーションテストツールの「WebDriver」が統合し、Selenium2となりました。

特徴

・ブラウザ上でボタンのクリックやフォーム入力の自動化
・画面のスクリーンショットの撮影の自動化
・自動テスト実行中に取得した値との正誤判定

開発経緯や開発者による苦労話

Selenium2についての情報が少なく、なかなか新機能の情報が得られず苦労しました。

自動テスト実行中、まだSelenium2が動作処理の命令をを行う対象となるHTML要素を認識できていない時に、動作処理の命令を出してしまいエラーになるということが度々ありました。対処法として指定した秒数間停止するseleniumのコマンドや、ページが読み込まれるまで待つAPIを使用して回避しました。

環境構築の手順

実行環境

・Windows 7、Google Chrome、Eclipse(JUnitテストの作成に使用)

・JDK1.7.0_11、Selenium-java-2.29.0、Selenium-server-2.29.0

・chromedriver_win__26.0.1383.0.zip(Google Chrome用ドライバー)

1. Selenium2とドライバーのダウンロード

 1-1. seleniumダウンロードページからselenium-java-x.x.x.zipとselenium-server-x.x.x.zipをダウンロードし、任意の場所で解凍する。

 1-2. chromium プロジェクトのダウンロードページからchromedriver_win__x.x.x.x.zipをダウンロードし、任意の場所で解凍

2. eclipseに新しいプロジェクトを作成

 2-1. eclipseでプロジェクトを作成

 2-2. JUnitライブラリをクラスパスにロード

 2-3. selenium-java-x.x.x.jarとselenium-server-standalone-x.x.x.jarをビルド・パスに追加

3. クラスパス上にchromedriver.exeを配置

サンプルコード


Pocket

お問合せ

開発に関するご相談/各種お問合せは下記まで。

TEL.06-4806-3470 月曜~金曜(祝日を除く)10:00~18:00
contact-dev@kronos-jp.net

技術情報

  • ナレッジボックス
グリーンハンド
STA-LOG
クロノスラボ
採用