ブログ

2018.07.13

【社内イベント】6月度エンジニア発表会@大阪

Pocket

こんにちは!大阪開発部、3年目のタナカです。
もうじき梅雨明けでしょうか?夏本番が近づいていますね!


さて本日は、エンジニア発表会@大阪についてのレポートです!
クロノスの文化とも言える「エンジニア発表会」ですが、今回から新たに開発部以外のメンバーも発表の対象となりましたね。
ますます社員一人ひとりの魅力を感じられるようにパワーアップしたエンジニア発表会の様子をお楽しみください!


 


大阪一発目は、ずっと買わないままだったテレビをついに手に入れたというAさん。



最近はテレビを見ない人が増えましたよね。(今後もどんどん増えていきそう…)
選んだテーマは「怒らない技術」でした。


仕事をしていれば、どうしても怒りたくなることが出てくると思います。
Aさんは職場でイライラを感じたことをきっかけに書籍を読み、実際に行動を変えてみたことで怒ることが減ったという結果を出したそうです。



発表後のQ&Aでは、同じ書籍を読んだ社員数名の発言もあって話が広がり、大いに盛り上がりました。非エンジニアの社員にとっても興味を沸かせたであろう素敵なテーマでした。


 


2人目はモバイルアプリ開発のスキルを高めているOさん。
エンジニアとして、ここは押さえておきたい!という思いで勉強に励んでいるそうです。



OさんはAndroidのアプリ、「じゃんけんアプリ」を発表。
参考にした書籍で作成したアプリをベースに、自分なりのアレンジを加えていました。



開発中に見つけたお気に入りの技術などの紹介では得意の英語の知識を披露するなど、
Oさんらしさ溢れる発表でした。
開発中の心情の変化についての話もあり、自分に合った勉強のスタイルで楽しんで開発している様子が印象的でした。


 


3人目は子供思いで多趣味なYさん。
毎年ユーモアセンス抜群の発表で、社員の中にもファンがいるほどです。



プログラミング教育の必修化に目を向けたYさんは、子供たちの「好奇心をくすぐる」ことがプログラミングの楽しさを自ら学ぶきっかけになるのではと考えたそうです。


そしてYさんは子供向けプログラミング言語で作成したアプリを子供に見せ、
「簡単にできるねんけど、やってみる?」の一言で、見事に子供の好奇心をくすぐることに成功しました。



発表では実際に作成した子供向けのアプリと、息子さんが作成したアプリを公開したのですが、さすがYさん。完成したアプリのクオリティの高さには「すごい」の一言でした。


 


最後はアウトドア派で大のキャンプ好きとして知られる、管理部のMさん。
今回初、非エンジニアによる発表のトップバッターとしてみんな大注目していました。



発表内容はこれまでの経歴、業務報告、今後についての3部構成でした。
エンジニアの専門分野ではない「経理」の業務報告は新鮮でしたし、Mさんがどんな思いを持って業務に取り組んでいるか、その熱意が伝わってきました。



持ち前の話術と、遊び心を取り入れたスライドで、最後まで聞き手を飽きさせないすばらしい発表でした。


 


★★★クロノスで一緒に働きませんか?★★★
新たな技術にチャレンジしたい、自らが提案してプロジェクトを進めたいといった現状に何か物足りなさを感じている方、面白いことを真面目に取り組むIT企業クロノスで一緒にIT業界を変えませんか?クロノスでは一緒に働いていただけるエンジニアを大阪・東京で募集しています。
https://www.kronos.jp/recruitment/career/

Pocket

こちらの記事もおすすめ

2018.08.07

【社内イベント】7月度エンジニア発表会@東京

みなさま、こんにちは。新入社員の藤井です。 さて、この記事では7月に行われた「エンジニア発表会」の様…

2018.10.10

内定式を執り行いました

HR部 谷本です。 2018年10月1日(月)は大阪新卒採用者向け、 10月5日(金)は東京新卒採用者向けの内定式…

2018.10.02

【社内イベント】9月度エンジニア発表会@大阪

こんにちは。最近、第一子が誕生して仕事に育児に奮闘中のスミハラです。 家族のためにも、より一層気合い…