過去のニュース

2024年5月22日
どこの企業でも活用している「人材開発支援助成金」とは?知らないと損!

多くの企業では人材の採用、育成、定着が課題となっています。
今いる従業員を育成し、新たな分野にチャレンジしてもらったり生産性を高めることが必須となっています。
そこで、育成を目的とした研修でぜひ活用したいのが、厚生労働省から支給される助成金です。その中でも最も利用されている「人材開発支援助成金」について詳しくお伝えします。

 

■人材開発支援助成金とは?
「人材育成支援コース」は、企業が従業員の能力開発を目的とした研修を行う際に、その費用の一部を国が助成する制度です。企業が計画的に人材育成を行うことを支援し、結果として企業全体の生産性向上を図ることを目的としています。

■人材開発支援助成金のコースはどんなものがあるの?
「人材開発支援助成金」の中でも対象の研修によって以下のような様々なコースが用意されています。

・人材育成支援コース 
・人への投資促進コース 
・事業展開等リスキリング支援コース
など。

その中で最も活用されているのが、「人材育成支援コース」です。その中身を見ていきましょう。

 

■人材開発支援助成金「人材育成支援コース」の概要
対象となる訓練

対象となる訓練(研修)は以下の条件を満たしていればOKです。その他細かい条件はありますが、概ね以下をクリアしていれば対象となることが多いようです。

・OFF-JT(外部研修)により実施される訓練であること
・実訓練時間数が10時間以上であること

 

■どれぐらいの金額が支給されるの?
もっとも気になるのは支給額ですよね。この助成金は、①研修費用の一部金額を助成する「経費助成」と、②研修参加時間に対して支給される「賃金助成」の2つを足した金額が助成金の支給額となります。

経費助成 賃金助成(1人1時間)
中小企業 大企業 中小企業 大企業
研修費用の
45%
研修費用の
30%
760円/1h 380円/1h

 


上記をもとに例をあげて助成額の支給額をシュミレーションしてみました。
【例1】AWS研修
 ▼研修時間:15時間
 ▼受講料:150,000円/1名
 ▼助成金:
    中小企業の場合 78,900円/1名(経費助成 675,000円、賃金助成 114,000円)
    大企業の場合 50,700円/1名(経費助成 45,000円、賃金助成 5,700円)

15時間で150,000円の研修の場合、中小企業の場合は助成金の金額が78,900円となり、およそ半額は助成金として支給されます。大企業の場合でも経費の3分の1ほどが支給されます。


【例2】IT基礎研修
 ▼研修時間:40時間
 ▼受講料:100,000円(税込)/1名
 ▼助成金:
    中小企業の場合 75,400円/1名(経費助成 45,000円、賃金助成 30,400円)
    大企業の場合 53,200円/1名(経費助成 38,000円、賃金助成 15,200円)

40時間で100,000円の研修の場合、中小企業の場合は助成金の金額が75,400円となり、実質の負担額は24,600円弱となります。

※上記は2024年5月時点の助成率をもとに算出しています。
※実施内容や時間帯などにより異なる場合があります。目安としてお考えください。

 

■どうしたらもらえるの?
各都道府県管轄の助成金センターに、申請をする必要があります。申請の期限は研修受講日の1ヶ月前までとなります。研修を受講して手続きをすればおよそ半年後~1年後までに振込されます。厚生労働省のサイトに詳細がありますのでご確認ください。支給されるためには審査がありますが、正しく活用していればきちんと支給されます。

▼厚生労働省のWebサイト
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html

▼人材育成支援助成金 パンフレット
https://www.mhlw.go.jp/content/11800000/001238063.pdf

 

■さいごに
助成金についてもっと詳しく知りたい方はITスキルアカデミーにお気軽にお問い合わせください。
助成金のシュミレーションをさせていただきます。

 

——————————————————————
ITスキルアカデミーの研修では「自走できるエンジニアを育成します」
<お問い合わせ>
ITスキルアカデミー(運営:株式会社クロノス)
東日本:03-6431-9271(担当:日下部)
西日本:06-6258-5865(担当:徳永)
問い合わせフォーム:https://it-skill-academy.jp/contact/
メール:learning@kronos.jp

2023年12月27日
2023年末のご挨拶

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

2023年も多くの皆様のご支援を賜り、心より感謝、御礼を申し上げます。
2024年もSHIFTグループの一員として、ものづくりとひとづくりの両軸で皆様方のビジネスにお役に立てるサービスを展開して参りたいと存じます。
より一層のご指導、ご厚情を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。

尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

(年末年始休業期間)2023年12月29日(金)~2024年1月4日(木)

新年は2024年1月5日(金)より営業開始となります。

皆様のご健勝とご多幸を、皆様にとって素晴らしい飛躍の1年になりますことを心より祈念いたしております。

株式会社クロノス
従業員一同

2022年12月22日
2022年末のご挨拶

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
早いもので2022年も残すところあと僅かとなりました。

本年も多くの皆様のお世話になり、またご協力、ご支援を賜り、心より感謝、御礼申し上げます。

本年は弊社にとっては激動の1年でございました。弊社代表の交代、さらに株式会社SHIFTのグループへジョインいたしました。
今後はSHIFTグループの一員として、引き続き皆様方のご協力を賜りながら、グループ全体で幅広くお役に立てるサービスを展開して参りたいと存じます。

新年も誠心誠意努力していく所存ですので、より一層のご指導、ご厚情を賜りますよう、弊社一同心よりお願い申し上げます。

尚、弊社の年末年始の休業期間は下記の通りです。

(年末年始休業期間)12月29日(木)~1月4日(水)

新年は1月5日(木)10:00より営業開始となります。

2023年の皆様のご健勝とご多幸を、皆様にとって素晴らしい飛躍の1年になりますことを心より祈念いたしております。

株式会社クロノス
従業員一同

2022年8月9日
夏季の休業につきまして

 

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は格別なるご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

誠に勝手ながら、弊社の夏季休業日について
下記の通りご案内申し上げます。
何かとご迷惑をお掛け致しますが、
何卒、ご理解とご協力を賜りますようよろしくお願い申し上げます。

 

【夏季休業期間】
 2022年8月11日(木)~2022年8月17日(水)

 

株式会社クロノス

2021年12月9日
年末年始の休業につきまして

皆様におかれましては、ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

本年の年末年始の休業期間は下記の通りです。

(年末年始休業期間) 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火) 

新年は2022年1月5日(水)10:00より営業開始となります。

どうか輝かしい新年をお迎えくださいませ。
2022年の皆様のご健勝とご多幸を、皆様にとって素晴らしい飛躍の1年になりますことを心より祈念いたしております。

株式会社クロノス

ニュース

  • プレスリリース
  • 最近のニュース
  • 過去のニュース